Elwood's Shinpen Zakki 2005年9月分

Anime impression & Hitorigoto

 このページはelwoodのひとり言を書いておく所、ネタばれイパーイ。
 Last update: Tue, 29 Nov 2005 19:57:28 JST
 navi: [Top] [一覧] [先月] [今月] [来月] [最新] [更新] [Links]
 antenna: [えるうっど] [光希桃] [杉の木] [ゆかりん] [みあみあ]
今月の買い物よてい amazon

Schedule

2005/09/01(Thu)

■1 かみちゅ! #8

「時の河を越えて」
ゆりえが大和に乗り込んだ時、白骨とかがあるんじゃないかと思いドキドキした(^_^;
しかし大和を帰郷させるといわれてもよく分からず…、巨大戦艦というのが入り込めない要因かな、これが単座の戦闘機とかなら個人の思い入れを強く感じられそうなんだが。

2005/09/02(Fri)

■1 週刊アニメプレス これが今夜の御主人様 #22

愛ちゃんの二の腕全開、夏ってすばらしいヽ( ´ー`)ノ
地震に備えて出かける時はPCを床に置くという佳奈さま、防災話でもやはりPCが一番にくるのか(^_^; バックアップもしょっちゅう取っているとか、オレも見習おう。
ゲストはこれが私の御主人様から佐伯監督。キャラクター作りや演技に対して真面目な話、御主人様らしくない低いテンションになってしまったけど、けどなかなか良い話が聞けました。
苺ましまろ情報局ては、ナバと能登が無駄にラブラブだった…、腹一杯(;´Д`)

■2 田村ゆかりの黒うさぎの小部屋 #121

アーシアンのネタで盛り上がるゆかりん、オレはもろアーシアン世代なのでズビシと来ましたよ。例の腐女子仲間は声グラの青木さんだったらしい。
来週は源氏で行くらしい、源氏は友人宅で1回読んだだけなのでついて行けないかも(^_^;

2005/09/03(Sat)

■1 絶対少年 #15

「アーバンフォークロア」
ナビゲーターがかかず姉さんからムスメットの松本彩乃に変わりました ( ゚∀゚)o彡゚ ムスメ!ムスメ!
須河原は本を出版したのか、自主出版かと思ったらISBNも入ってますよ。
希紗を呼びだすマッキーは何がしたいんだか、まぁ本人も何したいんだか分かってないんだろうが…。
さらには理絵子に突き放された途端裏切りましたよ、マッキーは本当にダメな奴だなぁ('∀`)

今回のエロ視点は、ブーツにハイソックスにひざの裏な感じ。しかし須河原の3畳間の下宿はすげえな。
次回予告ではタルト@清水愛が喋りまくってました(*´д`)

■2 陰陽大戦記 #48

「宗家の資格」
地流の名無し戦闘員に諭されてしまうユーマさん(^_^;
チンケなつっかえ棒とかクズ野菜とか、いちいち気の利いたセリフを言ってくれるショウカクさんがちょっと好きです。
勝利してぴょんぴょん跳ねて喜ぶソーマきゅんがやから可愛かったなー(*´д`)
ボート部の人達はいつも通りバカやってました。そしてリクはまた騙されるのですね。

■3 ふしぎ星の☆ふたご姫 #23

「運命の種☆なかよしプリンセス!?」
フレーム外から顔を出すエルザママが可愛いなぁ、トゥルースのプロポーズ話も良かった。
チャンスは幾度もあったのにティオきゅんが来ないじゃん、ずっと待っていたのに(つд`)
代わりにエクリプスが助けに来て鈍器で殴られてた。地味に痛そう、あれは折れましたね。

2005/09/04(Sun)

■1 アニメ天国 #75

甲賀忍法帳バジリスク特集。
植田佳奈が忍者コスで登場、ポニテ佳奈可愛いよ(*´д`)
夏の必須アイテムは日傘だとか、佳奈はネトゲ廃人のくせに外に出るのか、スゲエな。
最近の佳奈はやたらやる気がありますね、にゃっほーの人が抜けたおかげなのかな…。

■2 おねがいマイメロディ #23

「カレと踊れたらイイナ!」
人間の姿になったクロミ様、黒いドレスに紅い薔薇が映えていてむちゃくちゃ可愛いんですけど〜(*´д`)
ダンスのシーンも沢山のカットを使って綺麗に見せてくれますよ。歌と美紀に向けさらりと魔法を使う姿がまたカッコイイ。
柊さまはクルミの正体にすぐ気付くと思ったんだけど、最後まで気付かなかったのかな。次の曲も君と…って柊さまもクルミにメロメロに!

クロミ様がなりたくないのはマイメロかと思ったらバクだったとは、それなのに自らを燃やしてまでろうそくの火を守るバクにまじ泣けた(つд`)
今回はマイメロを排除して、とことんクロミとバグの話にしてるのが良かった、大満足の一話でした。
最後の提供画にはえろえろ〜んなクルミが! スタッフ大サービスだなぁ。

■3 ゾイド ジェネシス #22

「誓い」
レ・ミィはプリンセスだったのかー。しかもラ・カンに連れられてるんじゃなく、ラ・カンを守っていたとは。
幼ミィも礼服のミィもなかなか可愛い。一瞬髪切っちゃったのかと思ったが、後ろで結ってるだけみたいね。
串刺しにしてやる〜、と新決めゼリフ。丸焼きとあんま変わらないが(^_^;
大陸の地図で世界の広さを目の当たりにする面々ですが、その広い世界を制しているディガルドとの戦いを決意しちゃうラ・カンはちょっと無謀な気が…。

2005/09/05(Mon)

■1 AIR IN SUMMER 後編

「あめつち -universe-」
柳也の昔語り、意外にも鋭い神奈にドキっとしちゃったよ、鋭いというより前向きな考え方というのかも知れないが。そして見事なHシーンへの導入ですよ、裏葉のアドバイスは的確すぎる。父さんあたふたしちゃったよ(*´д`)
今回もひたすら可愛い神奈さま、いちいち動きが可愛らしすぎる。前回に引き続き小ネタで繋いでいく感じですが、ちょっとエロイねたもあったりしてなかなかの充実度、エロきゃ良いのか? いや、良い。

作画の方もAIRらしく光にこだわった画が見せてくれました。昔語りのシーンの背景も良かったな、湖に映り込む紅葉が綺麗。富士山が噴火してるYo! と思ったけど富士山の噴火って別に珍しくないんだっけ。
動きの方では、うさぎを追いかける神奈の尻上げからダッシュ素晴らしい、何度も見返してしまいましたよ。

そして今回もお手玉が効果的に使われていましたね。祭りの踊りと共に綺麗に空を舞うお手玉…、しかしこの後の展開を知っているだけに泣けてきてしまうよ(つд`)
それでもこの時点では暗い影を落とすことなく引き、神奈の颯爽とした闊歩が気持ち良かったヽ( ´ー`)ノ

■2 B-伝説!バトルビーダマン 炎魂 #35

「ツインズ」
褐色の双子が戦ったり痴話喧嘩したりしてた、でもキャラ萌え度はイマイチかな。
それにしてもグレイはリエナリエナ言いすぎだと思いました。
ブルがシンを郷田さんて呼んでた…、ダメだこのアニメ(ノ∀`)
マイケルというのはペイバック? 本名ネタはアドリブ風味で良かったけどこれはやりすぎか(^_^;

■3 奥さまは魔法少女 #10

「心を開く、ということ」
学校が火事になったり雨が降ったりと激しく魔法使いサリーだった。
正体がバレること自体はお咎めないのかな、それなら結婚する相手位には話して良かったんじゃないかと。大体浮気相手の巽にはあっさり話してるんだよなぁ。
保が魔法少女に触発されてラノベ作家になる展開を希望。

2005/09/06(Tue)

■1 ぱにぽにだっしゅ! #10

「名馬に癖あり」
爆弾解体話。そこいらの刑事ドラマより本格的にやってますね、この手のネタは結構好きだったり。メディアもベホイミもなかなか格好良かったよヽ( ´ー`)ノ
松来×門脇の百合ネタはこいこい7の山田さんを思い出してしまうな、すっかり百合声優の松来さんです。
オチはなんというか…、メソウサって便利なキャラだなぁ。

2005/09/07(Wed)

■1 かみちゅ! #9

「君に決定」
祀のような勝手な奴は嫌いなのでイラついてみたり、訪問販売員かおまいは。でもデカ乳メガネの選挙演説はイイ話で良かった。
しかし会長になってからのゆりえを見せてくれなかったのは物足りないな。

2005/09/08(Thu)

■1 アニメ感想率調査2005夏 結果発表

光希桃 Anime Stationの 第6.5回感想率調査の結果発表がありました、光希桃さんお疲れさま〜。
サイトデータサーチは便利ですね、こちらが うちの詳細。
とりあえずトップ3の結果を見ての感想。

以下雑感。
これが私の御主人様が6位と健闘、いや今回は4位以下の作品は高評価とは言えないのかも…。コメントを読むとみなさんの冷めっぷりが如実に(^_^;
その一方で、こいこい7とネギま!のコメントが盛り上がっていて面白いですね。

■2 極上生徒会 #23

「怪傑少女探偵団」
美幼女管理人さん話。11歳は幼女じゃないよなぁ、というのは良いとして、小学生が学校休んで子供の世話って全然イイ話になってないよなー。姉の方は毎日学校行って生徒会活動までしてるんでしょ?
のだじゅんに魔法のステッキを持って歌ってもらい…たくはないな(^_^;

■3 THE・少女マンガ!〜作者が語る名作の秘密〜

「槙村さとる“愛のアランフェス”」
自身の家庭環境やデビュー直後の不遇の時代などの話がかなり深い所まで語られました、そんな生い立ちのせいか普通の喜怒哀楽が描けなかったという話はちょっとショッキングでもありました。でもその中を生き抜いてきた槙村さとるはやはり強く、凄い人だなぁと。
愛のアランフェスはさすがに話の作りが古いと感じたけど、この頃から絵は上手いですね。槙村作品は白のファルーカなど数本しか読んでませんが、ほかの作品も色々と読んでみたくなりましたよ。
そういやアランフェス協奏曲のCD持ってたよなぁ…、あった、村治佳織のDisc。今日はコレを聴こう。

■4 陰陽大戦記 #49

「夢の終わり」
オニシバむちゃ格好ええ〜、どの技もシブイけどサイの目弾がまた良いね。
しかしその闘神士のタイザンがキラキラ吐いて倒れてしまいました。そしてオニシバも…、でも最後までバッチリと決めてくれました(つдT)
リクはあっさり騙されて延々と夢うつつ、だめだこの主人公…。と思ったらリク復活、分かってて夢見ていたのか? これにはウツホくんもブチ切れですよ。

2005/09/09(Fri)

■1 ぺとぺとさん #9

「一日署長」
川澄カンナさんが兄の所に押しかけてた。残念ながらイエスノー枕はなかったが、例の恋人との愛の巣だった。
長期旅行中で居なかったが居たらどうしたんだろ、「この泥棒猫!」とか言ったのかな、それは聴きたい(*´д`)

■2 週刊アニメプレス これが今夜の御主人様 #23

先週に引き続き佐伯監督がゲスト。話の方も引き続きSM話とかフェチ話とか…、ちょっと濃すぎるんじゃ(^_^;
笠原弘子ニューアルバム「HK」発売。笠原さんというとMADRIGALが愛聴盤の1枚だったりするんですが、近年の曲はほとんど聴いてないな…、久々に聴いてみるよう。

2005/09/10(Sat)

■1 絶対少年 #16

「目に見えない巨大な何か」
歩再登場、でも随分ゴッツクなっちゃったなぁ。
二俣川とは懐かしい、オレも原付と四輪は二俣川で取ったっけ。確かに地元民以外にはマイナーな場所かもしれん。
歩の机の上には美紀のツーショット写真が! 静岡と横浜って結構遠いのにね。

オカカ婆だけでなくどっしるとしっしんも横浜に来てた。須河原がいう暖色系と寒色系、2つの勢力があると考えて良いのかな。なにやらデカイ母船のようなものが…、既にかなりの数が入り込んでいるのだろうか?
マッキーしつこすぎ、希紗に出したメール…アレは完全に脅迫だな。須河原部屋きたなす、PCのデスクトップもきたなす、ラウンチャ使えし。

電話とメールのやり取りを中心に進む話はなかなかに面白いがエロ画が不足気味、せっかくへそ係の美紀が再登場したのになぁ。
タルトの本編キター、と思ったら中の人も予告編が現実と申しておりました(笑

■2 ふしぎ星の☆ふたご姫 #24

「かざぐるまの国☆ルーチェとっちゃだめだめ〜ん」
鳥人族はまんま鳥だな、鳥アタマのせいであっさり騙されちゃう族長さんでした。
エクリプス悪人説を崩さなかったレインも遂に考えを改めたようです、これでレインの推しメンがエクリプス変われば恋愛問題解決ですがどうなるか。
ブライトが自分の役立たずっぷりに思い悩んでた、役立たずキャラの席は愛すべきティオきゅんで埋まってるからなぁ…、どうするブライト。
ラストのお祭りのシーンは尺あまりかと思った(^_^;

2005/09/11(Sun)

■1 AKG K240MONITOR

気に入っていたAKG K501が壊れてしまったので、久々にヘッドホンを新調。今度はbeyerdynamicの品にしようかとも思ったけど、またAKGにしてしまった。物はK240MONITOR、サウンドハウスの直輸入品で11,500円、安い。まだバーンインもなにもしてないけど試聴開始〜。

Sennheiser HD580と比べると随分と柔らかい音です、もうちょいパワー感というか迫ってくる感じが欲しい。 でもその分聴き疲れしにくいのは悪くない、K501は低音不足に感じたけどK240Mは丁度良いバランスです。
装着感は側圧低めで重量自体も軽め、片側出しのコードもしなやかで扱いやすい、実用的なデザインに渋い見た目も気に入りました。 600Ωで感度88dbという低能率も使いやすくて良いです、高能率モデルとThe Littleの組み合わせだと、ボリュームを絞りきる寸前で使うことになって具合がよくないのですよ。

なんかベタ誉めだけど音質自体はHD580に1歩も2歩も譲る感じだし、K501程の繊細さもない。でも11,500円でコレなら文句ないでしょ、普段使いのヘッドホンにぴったりです、満足。

試聴環境

■2 田村ゆかりのいたずら黒うさぎ #128

ますみんのお誕生日会、津田さんも交えて3人で居酒屋へ行ったそうです。しかしお通しが2つしか出ない…、この中にお子様が1人居る! ゆかりん曰く津田さんだということですが(笑
スタジオに居る小動物に負けるゆかりん(つд`)
ゆかりんの九州弁は初めて聴いたかも、てゆかほとんど異国語にしか聴こえん。ゆかりんバイリンガルだよゆかりん(*´д`)

■3 撲殺天使ドクロちゃん #7-8

「ザクロちゃんだよ!ドクロちゃん!」
ザクロちゃん@渡辺明乃が登場、殺人濡れタオルがえらい格好良いぞ。
優子先生ちっちゃくて可愛いな〜、夏服のドクロちゃん静希も良かった。

「さようならだよ!ドクロちゃん!」
後半の静かなドラマはドクロちゃんらしからぬ作り、最後にぶち壊すかと思ったら随分と素直なエンディングでした。

■4 ゾイド ジェネシス #23

「ハヤテ」
ディガルドにラ・カン達だけで戦いを挑むなんてことはなく、他の勢力に檄を飛すというの今回。予想以上にていねいなお話。その使者にはミィとコトナも加わりました、白い衣装がエロ可愛いな〜。
ミィ様はすっかりヒロインに返り咲いてましたね、ついでに爺さんのキャラも立ってた(^_^;
ティゼはラ・カンに随分と買われていたようだけど、出会ってみればまたダメっぽい連中だったなぁ(^_^;

■5 おねがいマイメロディ #24

「ナイスバディになれたらイイナ!」
歌のクラスの親御さんは個性的すぎ。加納ママが可愛いですよ、しかしどんな酒屋さんなんだか。そして桃山先生は劣情をそそりすぎる。
大根足少女がグラマーになってた、てゆかグラマーって死語? ボインは大橋巨泉語? つり目ツインテールがちょっとゆかりんぽい感じ、永代橋先生のパーツが着いたのでふたなりかも知れん。
変に教訓めいた話にすることなく、そういう趣味の男子のおかげで救われるというのは良い締めだったと思う。

2005/09/12(Mon)

■1 声優グランプリ 10月号

表紙のほちゃーんがめちゃ可愛いなぁ(*´д`)
衣装はロリっぽい水色ワンピース、そんなほちゃーんも来週で30girl?
いや、まだ29だそうです。

■2 PONY CANYON STYLE まるなび!? #50

ゲスト:川瀬晶子
豆とか納豆の話で盛り上がってました、今回のテーマは豆と正義感とか。
川瀬晶子はお姉さんぽい見た目とは違ってよく喋る小娘だな(^_^;

■3 親子クラブ #1050

「ルンちゃんはどっち?」
女性化ルンちゃん話。 2階静かだなぁ、というのはちょとエロイ。ユリ×ルンちゃんか。
ロンパパいわくママは元女の子、そりゃそうなんだけどヒデェな(^_^;
開票速報のL字枠付きでした。

■4 D.C.S.S. 〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜 #11

「ただいま執筆中!」
彩珠ななこ@浅野真澄のお当番回、描けなくなったななこの為にアイシアが頑張るお話。同人じゃなくて商業誌で連載を持っていたのかー。それにしても「魔法があればどんな馬鹿でも大丈夫!」って良いセリフだなぁ(*´∀`)
アイシアの茶番に付き合ってる編集さんは実はイイ人かも、まぁ魔法なんて要らないと言って作家と対立するのはどうかと思うが。

魔法で夢を与えるのを描かなきゃいけない所で、手から物を出す以上の事をしてないのはちょっと浅かったかな。マジカル4姉妹は…、あんなに頑張ったのにオバサン呼ばわりはひどいな(^_^;
今回のアイシアはわりと可愛く描けてたと思うし、杉並が良い働きをしていたんで結構楽しめました。

2005/09/13(Tue)

■1 ぱにぽにだっしゅ! #11

「人間万事塞翁が馬」
6号がジジイとMG Midgetに乗ってた? でもウレタンバンパーのMidget格好悪い…、アイアンバンパーのにすれば良かったのに。と思ったら持ち主は五十嵐先生でしたか。でも温いなー、もっと百合を!
EDのチャイナだったりバニーだったりとする玲が可愛かったす。

■2 エレメンタルジェレイド #24

「煌珠楽園」
レンはちょろいのでカオスクァイアにまんまと利用されてた、クーの方はレンに似たお姉さんの尻を追いかけてた。
まぁクー単独じゃ戦いようがないんだよね、それでも敵さんに挑むクー、でもあっさりスケベ触手に捕まって死亡。
ここまであっさりだとすぐに復活しそうで盛り上がらず(^_^;

最終回間近らしく空賊の親方が再登場、親方もエディルガーデンを目指していたようだが、シスカだけ行かせちゃうの? まぁまた出てきてくれるとは思うが。

2005/09/14(Wed)

■1 奥さまは魔法少女 #11

「秋の風が吹いた、ということ」
駆け落ちするフリをして巽を逃がす嬉子さん、しかも普通列車で。
「この世界」というのは「この人間界」というイメージで捉えていたけど、電車で1駅圏の話だったのか(^_^;

■2 かみちゅ! #10

「ふしぎなぼうけん」
神様で中学生という設定を実に上手く使った話でした。
弁天様カッコ良かったなぁ、八島様が惚れた気持ちが分かったよ。死神さんはキャラ立ちすぎ(^_^;
隣の席の子が切っ掛けを作るかと思ったが、結局最後まで声を掛けられなかったのか…。その代わりに終盤で一気に盛り上りを見せてくれました。
尾瀬に帰って来て感動の再会…、祀のリアル横顔が怖いよー(;´Д`)

2005/09/15(Thu)

■1 あまえないでよっ!! #11

「焦らないでよっ!!」
ニセ外人天川春佳の当番回、かみちゅの弁天様に続き渡辺明乃が活躍していてイイ感じ。
しかし地味で真面目な話のうえ、主人公君が解説役をしていて非常に眠かった…。
それでも春佳がさくらにチュッチュしたり、とも蔵がエロ声要員だったりという小ネタは抜かりなく楽しませてくれました。

■2 極上生徒会 #24

「あなたに会いたくて」
氷上恭子&丹下桜バージョンが好きでした。
体育祭の開会式で退学の発表とは奏会長は祭り好きすぎる。
それにしてもまったく映えない体操服はどうしたものか(;´Д`)
みなもの身体が弱いってそんな設定あったっけ? まぁこれは伏線っと。

2005/09/16(Fri)

■1 田村ゆかりの黒うさぎの小部屋 #123

今回もヤマキさんいじり、ジャンクな話題で盛り上がるゆかりんを怪訝な目で見るヤマキさん。やはりヤマキさんはセレブですなぁ。
「ねるねるねるね」を見て食べられますか? と冷静な反応のヤマキさん、確かに食品には見えんかも(^_^;
小部屋でピコピコ大作戦は「グラディウス」ゆかりんは追い詰められながらも饒舌な解説、職人ですよ。

■2 SHUFFLE! #9

「海水浴でサバイバル」
水着回。プリムラにすら負ける麻弓の胸…、ないと言いつつCカップはあるアニメ貧乳ではなく本物のつるぺたに感動した。
Aパートのドタバタは面白かった。しかしBパートの無人島ネタは、稟とシアで2人きりということで地味すぎだったかな。
それにしてもシア話が続きます、同時攻略ではなく1人づつ片付けて行くようですね。

■3 TVチャンピオン

「アキバ王選手権」
声オタの人キャラ立ってるなー。ROUND1の問題は簡単だったけど、代わりに体力勝負な所が(^_^;
問題に絡んで井上喜久子17歳・久川綾・清水愛が登場、さすがにこの時間帯の番組は豪華ですな。久川綾さんは久々な感じですが。
嬉子さんが分からない人が多かった、やっぱUHF系見られない人が多いのかな。ここでジングルとして使われまくったけど(^_^;

ROUND2も秋葉原の特殊店紹介としてなかなか充実、各所で飛び出す専門用語がオモシロス。
お約束のお宅拝見ですが…、みんな部屋キレイだなオイ! オレも部屋片付けないと(笑
最終ROUNDは作り臭すぎてつまんなかった、つーか惨事興味ないし。でも番組前半はなかなか充実していて面白かったです。

■4 苺ましまろ #8

「お祭り」
美羽ヒドス、オレが教師ならノイローゼになってるな(;´Д`)
そして浴衣。普段着が可愛いだけにそんなに映えるわけでもなかったが。

2005/09/17(Sat)

■1 ふしぎ星の☆ふたご姫 #15

「いなごでびっくり☆プリンセスパーティ」
大変えろえろしい作画で素晴らしかったです。ちょっとしたポーズも指先まで気をつかって描いてありますね、瞳のハイライトは普段の5割増しか。
アルテッサがタキシード仮面ばりに薔薇を投げております、ここでまたディアボロ並の動画を投入。薔薇を目印にするという小ネタでここまでやるのか(^_^;

ミルキーは機転が利いて役に立つなぁ。それに比べてブライトはエクリプスの邪魔ばかりして、気の毒なくらいダメな子でした(;´Д`)
そしてアルテッサをかばったミルロが優勝、なんだか計算づくと思えなくもない。それはもう冒頭でアルテッサの謝る言葉を邪魔した時から(笑

■2 絶対少年 #17

「それは関与できない問題」
小早川成基16歳…オイオイ。そんな大人の成基に理恵子は甘ちゃんであることを思い知らされてた。でも子供にそこまで言っちゃ可哀相かなと、その辺は成基もまだ子供ということなのか。
観覧車が止まっちゃうイベント発生、って須河原は1人だが。しかし9時間はやばいだろ色々と(^_^;
乗っ取りレポーター須河原、なりきり小っ恥ずかしい。なぜだか電車内で車掌の真似してる人を思い起こした。

■3 ぺとぺとさん #10

「スカウト」
川澄カンナちゃんがイイ走りをしていてカコイイ、細くて長い足もステキですよ。
父との家族ドラマごっこは薄かったかな。兄と彼女との関係も、修羅場ることもなしで納得しちゃったようで盛り上がらず。
浮きまくり宇宙遊泳のイメージ画はなんなんだ、シンゴはなんかやってるのか。寿司が美味そうだったりBGMが凝っていたりするのは良かった。

■4 ぺとぺとさん #11

「『いもてん』お試し版」
きーやんの口パクありってそういうことか(^_^;
いもてんお試し版会場。セーラー服のユーちゃんが可愛いなぁ、しかし新谷声はあいかわらずのミルフィーユで大人っぽすぎる。
シンゴノリノリだな、痛いしいというより本当に楽しそうに見えてしまったり(^_^;
今回は猪口有佳が喋り通しで良かった、ゆかたん分をたっぷり補給。

2005/09/18(Sun)

■1 Anime-TV #259

ゲスト:折笠富美子
2ndアルバム「Flower」の紹介。良いマユゲでした、空飛べそう。
あとはドクロちゃんの川澄・千葉・高木が顔出し宣伝とか。
DVD Clubは旧作ばかりでした…。麻里安がタリアテッレをずるずる音たてて食ってた(笑

■2 アニメ天国 #77

メモリーズオフ5特集。
奈々と野川がクドイ宣伝をしてた。露骨に興味なさげ佳奈さま…、ここの所やる気を見せていた佳奈さまですが、いつもの通りの無気力キャラ戻りました。
しかしオンラインゲームの話になった途端佳奈さま復活、いきなり饒舌になり語りまくり、話し終えた後の満足げな顔がステキすぎる(^_^;

■3 D.C.S.S. 〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜 #12

「初音島のWスター」
月城アリス@萩原えみこのお話、ゲストキャラに日野まどか@下屋則子。まどかが被ってるのがヘルメットだと思ってたのはオレだけでいい。
アイシアがやりたいのはサーカスなのか新体操なのか、アリスとアイシアのレオタード姿が描きたかっただけじゃなかろうかと。その目論見通りに2人の衣装がエロ可愛かったからいいやヽ( ´ー`)ノ
それにしてもアリスは超人すぎる、まぁ盛り上げる為にはアリなのかな? このアニメ見てるとなぜだか寛容になれる(笑
アリスの過去は語られませんでしたね、ドロドロした話を期待したんだけど。

■4 おねがいマイメロディ #25

「手伝ってもらえたらイイナ!」
駒鳥つくね@山本麻里安のお話、久々にAnime-TV以外で麻里安声を聴いたな。自分でドジっ娘言うのはどうにも胡散臭いが(^_^;
マイメロ大量増殖は恐ろしすぎる、地球が乗っ取られるよ…。みんなクロミに入れるツッコミが激しいなぁ、バクにまでブァカ呼ばわりされてるし。
白山役に立つなぁ、オレもマイメロの海を泳ぎたい気はしなくもない。小マイメロが元に戻るのを拒否した時はどうなることかと思ったが、なんとか平和的解決でホッとしたり。
料理が得意と関係ない自己主張するマイメロにワラタ〜。いやしかしクラス全員に認知は思い切りすぎなんじゃ(^_^;

2005/09/19(Mon)

■1 ぱにぽにだっしゅ! #12

「人に高下なし 心に高下あり」
今回のベッキーの髪型は良いなぁ。そして姫子の夢に入り込み…。あ、ベッキーの髪型変わっちゃった。玲は以前もアイキャッチなどでも見せていたチャイナ服、これは姫子の中のイメージなのかな?
不条理ギャグも夢の中なら違和感なく受け入れられてイイ感じ。宇宙人パートはいつもながら面白いな。

2005/09/20(Tue)

■1 奥さまは魔法少女 #12

「心に生きている、ということ」
やっと嬉子のワガママ女っぷりが指摘された、作品内でもそういうキャラだったと分かり一安心。まさか可愛い若奥さまとして描いてるつもりだったらどうしようかと(^_^;
とはいえここから汚名返上は無理そう。せめて保と縒りを戻す方向に行けば纏まらなくもなさそうだけど、保は出てくる素振りも見せず、あいかわらず巽とラブラブ。そもそも、この2人がなぜこんなにラブラブなのか分からんのですが。
さらには巽に選ばれなかったさやかに小僧があてがわれてた、あーあ。

■2 ゾイドジェネシス #24

「驕り」
序盤はザイリンさんホーダイですよ。お間抜けなキャラになりつつあったザイリンも実は出来る男、しかも成り上がり者だったとは。通信機を修理してしてやったり顔、と思ったらまた釣りかよ。やっぱオイシイキャラです(^_^;
しかし故郷の現状知ったザイリンは…、イイ者キャラになる伏線ですかね? でもディガルドに対して疑問を持つって風でもないんだよな。

反ディガルドの組織はダメすぎる、ラ・カンは手懐ける自信があるのかと思ったらそうでもないようで…。
ソウタなる少年キャラ登場、フェルミ姉さんの相方みたい。フェルミ×ソウタ vs コトナ×ルージを見せてくれるのかな。

2005/09/21(Wed)

■1 かみちゅ! #11

「夢色のメッセージ」
もう正月なのか。ゆりえがコタツでとろけていた。しかしテレビのスイッチを新聞紙で引くのは高等技すぎる(^_^;
部屋の外の描写はなく、ひたすらゆりえを映すだけとは徹底していました。それでも貧乏神や弟がバランス取っていて退屈させないのは上手いなと。

■2 甲虫王者ムシキング 〜森の民の伝説〜 #25

「揺れる絆」
チョークがソーマに自分が母親であることをぶっちゃけてた。そんなハイレグ着たおばさんに母親言われても困りますが(^_^;
しかし意外にもソーマは母の誘惑に乗りそうになってますよ。強大な力に惹かれてしまうソーマくん、面白くなってきました。

2005/09/22(Thu)

■1 アニメ天国 #78

「D.C.S.S.〜ダ・カーポセカンドシーズン〜」特集
宮崎羽衣がゲストなのに野川さくらが喋りすぎ、まぁいつものことだが。アイシアのキャラソンはちょっと良いかも。
落語天女おゆいの制作発表会。桂歌丸・桂米助・後藤沙緒里ってなんか凄い絵づらだな。野田順子は微妙に馴染んでました(^_^;

■2 フルメタル・パニック! The Second Raid #9

「彼女の問題」
かなめアクション編。もっと空回りすると思ったのですが、意外にもとんとん拍子にルイスの所まで到着。さらにそこから始まる玉蘭との戦い。
普通1発で決着が付くだろうという所で銃がジャムるのはご愛嬌か。玉蘭のフォローをするとすれば、サウンドサプレッサーの効果を高める為にパウダーを減らしてたとか?
プロ相手にかなめが善戦してしまうのはさすがやりすぎという気もしましたが、それを忘れさせる位のアクションを見せてくれたので満足。
1つの脅威を片付けたと思ったらまた別キャラが登場、2転3転して休ませてくれません。しかしここで玉蘭が退場とはなぁ(つд`)

2005/09/23(Fri)

■1 極上生徒会 #25

「その声は風にのって」
キャラクター勢揃いでクライマックスらしい作り。作画も良かった、途中でれいんが別人になってた(^_^;
黒服さん弱すぎ、それも極上らしいお気楽なノリで許せてしまうな。賑やかでなかなかに楽しかったヽ( ´ー`)ノ
しかし奏会長との再会はあっさり目だったな、このシーンこそ盛り上げて欲しかったのだが。
りのの力は強制力のようですが、奏会長は単なるテレパシー? もしかすると同じ力で強さの違いなのかも知れんが、予想外に地味でした(^_^;

■2 陰陽大戦記 #51

「終焉の太極」
もうちょっとでウツホを封印という所で止めてしまうリク、さらにウツホにまで「貴様が最もタチが悪い」と言われる始末、まったくもってその通りだ(笑
2段変身したコゲンタ達の全身タイツ衣装は微妙だし、喋ってばかりの後半もダレてしまってつまんなかった…('A`)
最終回は盛り上げて欲しいなぁ。

■3 SHUFFLE! #10

「月夜の告白」
ようやく1対多数の恋愛模様を描いてくれました。さすがにネリネも焦りが出てきたのか、エロ可愛い衣装を着て思い出の公園で泣き落としですよ!
しかし、このままじゃダメだと思い悩むのはシアじゃなくて稟の役目なんじゃねーか? 稟は恵まれすぎだーヽ(`Д´)ノ
今回はネリネの攻撃を見てシアが一歩引いた形で終了しましたが、何も出来なかった楓は切ないね。そして鏡に映ったシアの表情も気になるところ。

2005/09/24(Sat)

■1 苺ましまろ #9

「育ちざかり」
クッキー焼いてくるって軽く言うが、少なくとも1時間は掛かるんじゃ(^_^;
文字入れで"太"に激しくワラタ。千佳は 142.5cm 35kgか、丁度良いんでないかと。
伊藤家って親居たのかー。

■2 今日からマ王! #60

「お兄ちゃんの悩み」
魔国のみなさんが秋葉原を訪問、当然のようにメイド喫茶へ。ギャルゲの発売日がどーのと語ってるし(^_^;
戦闘シーンでは、ママンがやる気マンマンでステキでした。

■3 ふしぎ星の☆ふたご姫 #26

「大変大変☆プロミネンスできな〜い」
シェイドが完璧超人だった、クッキーでミルキーを呼び寄せるシェイドに感動した(笑
しかし究極足手まといのブライトのせいでプロミネンスの力が奪われてしまいましたよ。ここまで徹底的にダメな奴に描かれるブライトって一体(;´Д`)
名前を見てもブライトの光を遮るシェイドって意味に取れるし…、やはりブライトがブラック化して対立するのか!?

■4 週刊アニメプレス これが今夜の御主人様 #25

ついに清水愛と植田佳奈のメイドコスプレが来ましたよ。さらにはスタジオを出てCOSPATIOのレポ、つーか2人ともレイヤー経験ありのようで詳しすぎる(^_^;
そしてコスプレ衣装の試着、制服好きな愛ちゃんはSHUFFLE!の制服、佳奈さまはゲーマーらしく戦国無双、佳奈さま似合うなぁ(*´д`)
スタジオに戻ると今度はマリエルの衣装を着たのぞみさんが、みんなしてノリが良いな。
苺ましまろ情報局のゲストは川澄綾子。

2005/09/26(Mon)

■1 D.C.S.S. 〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜 #13

「アイシアの夏」
試験中に保健室で旅行計画を練る音夢さん、中卒は気楽だなぁ。それで医者にれてしまうのは凄いが。久々にことりにカメラが向いてた、でもちょっとだけ。あれだけ大勢を旅行に誘っておいて、アイシアを置いてきぼりにしようとする純一は酷すぎる(^_^;
そしてアイシアの身の上話、しかし開始から1クールも過ぎてからこんな話をしますか。それでもアイシアは好きなキャラなので、アイシアを掘り下げてくれるのは嫌じゃないですよ。
鷺澤美咲@松来未祐が再登場ヽ( ´ー`)ノ ちょっと緩い引きになってしまいましたが。

■2 奥さまは魔法少女 #13

「あなたがそこにいる、ということ」
変身したヴァレンタインが再登場するのはちょっと嬉しかった、ぶっ刺されてたけど。そんな中でイチャイチャしてる嬉子と巽が非常に腹立たしい。最後くらいは良いところを見せてくれるのかと思ったが、好感度ゼロのまま終了。潔いね。
ラストの保と巽の青春ゴッコに唖然…。これでようやく保と嬉子の縁が切れるのかな、良かったね保さん。

2005/09/27(Tue)

■1 まんとら #26

ゲスト:福井裕佳梨
裕佳梨にカメラを持たせて1日密着取材。自室の寝起きからスタート、なにげに部屋さらしって貴重かも。
しかし見渡す限り田畑…、すげぇ田舎に見えるが(^_^;

有野の穴のゲストは小清水亜美
結婚してたり子供がいる友人が多いとか、さすが通信制高校だ。
小清水自身は温厚が人が良いとか…、温厚じゃない人を一杯見てきたんだろうなぁ(^_^;

まんとらもツッコミビリティの高いゲストが来ると面白くなるなぁ。

2005/09/28(Wed)

■1 かみちゅ! #12

「小さな一歩で」
素直にイイ話でした、もしかして二宮が屋上で書道をしているのは今回の話のためだったのかー。っていうか1話から計算ずくだったのか!?
久々に三枝妹が登場、みこは八島さまLoveでしたか。てことは弟の立場は(^_^;
画の方ではゆりえのハシゴの登りっぷりがステキでした。あとは一番前の席のおかっぱの可愛い子ががっつり股の開いてたのがショックだった(笑
DVDに続くような話だとガッカリする所でしたが、キレイに終わりましたね、良かったヽ( ´ー`)ノ

■2 ゾイド ジェネシス #25

「進軍」
次々にラ・カンの作戦を見抜いて行くザイリンがお見事です、つーかこんな切れ者だとザイリンさんじゃないみたいだよ(^_^;
フェルミ姉さんの空からの支援もあるようで、ラ・カンの部隊は絶体絶命か!?

■3 甲虫王者ムシキング 〜森の民の伝説〜 #26

「夕日の輝き」
裏切りフラグを立てまくっていたソーマが遂に堕ちました。いや、意外と早かったかな。
チョークの事をためらいなく母さんと呼んでた、なぜだか嬉しくて泣けてきた(つд`)

■4 Anime-TV #260

「BLACK CAT」特集。藤田咲子は藤田咲に改名したのですね、インタビューも随分と慣れてきた様子。
山本麻里安情報。マイメロの委員長、駒鳥つくねはこの先も出番があるそうです。
スタジオゲストはTAMAGOの門脇舞と福圓美里。

2005/09/29(Thu)

■1 極上生徒会 #26

「その声は風にのって」
前回がクライマックスのようだったので、今回は緩〜く後日談を見せてくれるかと思ったが、引き続き奏会長の件に決着を付けるお話でした、盛り上がらなかったけど。
そして後半がエピローグ、卒業式までじゃなく入学式までやるのね、そして何も変わらない日常オチか…。
奏会長が残るのは良いとして、聖奈とシンディまで残るのは変わらなすぎだろうて。みなも考案のりの射殺エンドの方が良かったんじゃ、つーか冒頭で撃たれるシーンで心踊ったんだがなぁ(^_^;

■2 陰陽大戦記 #52

「巡る節季(とき)の中で」
良い最終回でした。式神全員復活も、マサオミがひょっこり戻ってくるのもすべて許してしまえる心地良さでした。復活したウスベニは年下の姉という究極萌えキャラになってるし(*´д`)
なんと最後にユミ先生の先生らしい見せ場が、ただのオパーイ要員じゃなかったのね。そしてラストの契約満了が…、まじ泣けた(つд`)

EDと共に流れる後日談映像もまた良かった。外来語が分からないウスベニさん、?型になってる後ろ髪が可愛いですよ。テルは有明で巫女コスプレを見てた、ナズナコスの娘が良いね。
ヤクモの隣の巫女さんは誰なんだ? 真の主人公と言われるだけに良い所を持って行きますなぁ。
Cパート、遂にモモちゃんの想いが届く時が来そうです、めでたし。

ここ数ヶ月は熱いバトルで見せる話が続いていたのに、先週は語りばかりで急速に尻すぼみに…。そんな訳で今日の最終回がどうなるか心配でしたが、実に綺麗にまとめてくれました。良かったヽ( ´ー`)ノ

2005/09/30(Fri)

■1 田村ゆかりの黒うさぎの小部屋 #125

今回は映像つき。四ツ谷の特設スタジオで流しそうめん、ゆかりんの 傍若無人いたずらが炸裂してました(^_^;
ゆかりの人はそうめんに納豆入れるのか…、まぁオレもうどんには入れるし悪くないかもしれん。

■2 エレメンタルジェレイド #26

「天空と未来の謳」
オーフェス達の話の方が筋が通ってるんだよなぁ。それをレンが好きなだけだという一言で押し切ってしまうクー、まぁそれも少年マンガらしくて良いのかな。
シスカの涙でで前半を引けたので、後半でシスカ話をしてくれるのかと期待したけど、あっさり後日談になってるのはガッカリ。やっぱりサブキャラ扱いなのね(^_^;
作画の方は戦闘シーンの動きも、止め画の可愛さもばっちりで良い出来でした。

[Top] [一覧] [先月] [今月] [来月] [最新] [更新] [アニメ株] [山百合会] [注目銘柄] [Links]

アンテナ: [TDS] [がちゃぴん] [日記バード] [日記の栞] [うっかり南さん] [みあみあ] [ゆかりん] [えるうど] [杉の木] [光希桃]

Written by elwood | Link Free & Unlink Free | You are 1,185,185th visitor